2014年 10月 11日 ( 3 )

李文亮総領事とさるく ‘長崎の中の中国’



■集合場所興福寺山門前■コース興福寺(拝観) →眼鏡橋~(電車移動)~
大浦海岸通り →松が枝国際ターミナル(孫文と梅屋庄吉夫妻の銅像) →孔子廟・中国歴代博物館(入館)


何度か訪れたことがある場所なのですが、 知らないことたくさんあるだろうなぁと思い、李総領事のお話を楽しみに参加してきました。李総領事はよく通る声で、歴史、文化、歴史上の人物を生き生きと表現されて、わくわくするガイドを聞かせていただきました。参加者の中には中国の方もいらして、中国語の美しい響きもうれしく、新鮮な発見いっぱいのツアーでした。



d0141735_20031206.jpg



日本でいちばん最初にできた中国のお寺の興福寺さん。
隠元禅師が日本に伝えられた中国文化  


次のどれでしょう?
                

1、インゲン豆 
2、煎茶 
3、れんこんを食用すること 
4、ちゃぶ台                
5、活字の明朝体











こたえ 全部だそうです!




d0141735_20041739.jpg


媽祖堂の千里眼(李総領事)と 順風耳(奥)


お髭の関帝は三国志の関羽で武将なのに商売の神様といわれるのは、
心熱きひとだったので、お商売には誠意がなくてはならないから、商売の神様とされるそう!


d0141735_20051525.jpg




長崎に初めて来た時、母に連れてきてもらい、
このお寺の甍の美しさに、うれしくなったこと思い出しました。






d0141735_20065009.jpg


孫文と梅屋御夫妻の銅像、中国から辛亥革命100周年を記念して、
孫文を物心両面からサポートされた梅屋御夫妻に感謝の思いとともに、贈られたものだそうです。

梅屋さんは、孫文がなくなられたときに、中国の人に孫文のことを知ってもらいたいと、3メートルもの大きさの像を4体贈られていたそう。







d0141735_20101618.jpg



孔子廟でも、た~くさん興味深いお話を聞かせていただきました。
なかには、うふふ(#^.^#)と笑顔になる内容も。





大成殿の中の孔子像の両隣に、西遊記に出てくるような武器が置いてある理由が、

孔子様は武人で日本でいう侍だったのが、
世界と戦っても勝つのは一時、
人を征服できるのは文化だと、文化を一生涯広めた文化人になったことを、
お聞きしました。








日中親善名誉ガイドの李総領事に、サプライズで田上市長から感謝状が。


その後、参加者にセレモニーにいらした方全員に、
総領事からペアのパンダちゃんの贈り物をいただきました。




とびっきりのさるく、参加させてもらえて、感謝です。
ありがとうございます。












[PR]
by KIKIHOPI | 2014-10-11 20:12 | Comments(0)

楽しみなイベントの前

d0141735_21105189.jpg

d0141735_21105161.jpg

d0141735_21105154.jpg

d0141735_21105151.jpg



The black cat with white whiskers was rubbing its muzzle on the sneakers.





d0141735_21105133.jpg

好きな小道を通ってみたら 
ラブリーな黒にゃんこに会いました


初代黒にゃんこも 
小さな頃 白いひげだったなぁって思い出しました










[PR]
by KIKIHOPI | 2014-10-11 09:10 | Comments(0)

イチョウの並木道

秋の日の朝



d0141735_22141275.jpg




鳩が気持ち良さげに風に吹かれていました



[PR]
by KIKIHOPI | 2014-10-11 09:00 | Comments(0)

アロマセラピストの 日記


by kikihopi
プロフィールを見る
画像一覧