夜のパパ

大好きな本があります
タイトルは 夜のパパ

中学生の時
クラスメイトに 大切な大切な本だけど
よい内容だから 貸してあげるって
貸してもらったんだけど

大切な本なんだって
思うと
誤って 折り目つけちゃったりしたら
どうしましょって 
あせあせしてしまい

結局
読むことできずに 
返しちゃったことが
ありました

大人になって
雑誌に 復刻版 夜のパパが出たって
知って 図書館に行ったら
まだ 誰も借りていないほやほや状態で
見つかって (子ども図書館さんありがとう)
早速借りてきて  一気に読みました
やっぱり ステキなお話でした

大人でも 楽しめる物語です

ユリアのママはお仕事忙しくて 
夜も出かけなければならないとき
そのときは 夜のパパが
やってきてくれるのです

夜のパパは 鉱物の研究をして
レコードで音楽をかけながら
むずかしげな本を執筆しています
ユリアのお家にきてくれるときは
必ずふくろうのスムッゲルがいっしょ

ふたりの会話が 心地よく
夜の静けさを感じながら
読むのがおすすめかもです
[PR]
by kikihopi | 2008-04-27 00:33 | たのしみ | Comments(0)

アロマセラピストの 日記


by kikihopi
プロフィールを見る
画像一覧