夢のひとつ

d0141735_2121233.jpg

ボランティアが趣味✩の友達が むかし誘ってくれて
カンボジアからの学生さん達とお花見に行ってから アジアの国に出かけてみたいと夢がふえて
機会をいただいて訪れたのがベトナムでした

各国からの学生さんたちがメインなので 職員さんでもなく ただご好意で入れていただいたので
お役たてることがあったら〜何かあればいいなぁと参加して マイクロバスで郊外に移動するとき
席が足りなくて 車酔いはいちどしかしたことないから は~いと手をあげて 補助席へ

バス出発♪ 
車線ないところにくると それはもうアトラクションの世界で
対向車が ぎりぎりまで 真ん前まで迫って来るのが 
補助席からフロントガラス越しにばっちり見えて
 ひゃ~ってちいさな声を出すも 5回ほどそれが続くと慣れてしまい
こども達のキャンプとかのリーダーもされてる学生さん達なので 
バスの中は 歌にゲームに 笑いっぱなし
笑っている間に 次の目的地に 無事に到着したのでした 

フロントガラス越しにおっきな景色で 街を見られたのが ラッキー
街路樹が 大木に育っていて その木陰の気持ちよさそなこと
通りには お店も出ていて 中には 青空バーバーも

それを 見ていて 
どこででも 出かけて こうやってお仕事できたら すてきだなぁって
思ったこと 記憶しています


いろんなことが重なって アロマセラピーを イギリスに学びに行こうって
決めてからの ベトナムワークキャンプに参加させてもらってて
ちいさな夢が増えていました




帰国してから
アロマセラピーのこと学び続けたくて
静岡の浜松のアロマセラピーのスクールで お世話になるようになりました


あるとき浜松へアロマの勉強に行く途中
旅立ったばかりの三重県の伯父のところに 寄らせてもらって
叔母が今日は泊まってって 言ってくださったのですが

キャリーを名古屋駅のコインロッカーに入れてきていて ハンドバッグしかない状態で
ほぼ何も持っていなくて 
パジャマも貸すから 泊まっていきなさいよって おっしゃられるので

では~とおじゃますることに

ラベンダーの精油だけ持っていたので
それを1滴 手にして
伯母に手のマッサージを ゆっくりさせてもらってました

そのとき
あの時のベトナムでおもった夢が叶っているのかも~って





昔は無口だった従兄弟が
「時間がすぎたコインロッカーは 扉が開いて中のキャリーが出ているよ~」って
真面目に言ってくるので

ほんと! どうしよう って
太閤口のコインロッカーから 半分出ている自分のキャリーの絵がうかんできて
しばらく本当に 慌てていました(・・;)



















[PR]
by KIKIHOPI | 2015-04-07 21:21 | Comments(0)

アロマセラピストの 日記


by kikihopi
プロフィールを見る
画像一覧